待てば0円! 超有名漫画アプリ「ピッコマ」のオススメ漫画作品ベスト5。

◆無料で読める「ピッコマ」のマンガを楽しもう。

 「ピッコマ」をご存知でしょうか。

 あなたがマンガ好きならきっと名前くらいは知っていることでしょう。何百万人も会員がいる大手マンガアプリです。

 日本のマンガも読めるのですが、ぼくのオススメは韓国のマンガ。

 あまり大きく作者の名前が書かれていないし、題材も異世界ファンタジーだったりするので、うっかり「これ、日本のマンガなのかな?」と思いかねないところなのですが、掲載作品の多くは韓国のマンガを翻訳したものであるようです。

 そのクオリティはおおむね高く、内容も統一感があるので(悪くいえばマンネリですが)、その系統のものを好きな人は安心して読めます。

 また、「待てば0円」というシステムがあり、1話につき23時間待つと無料で続きを読むことができます。

 つまり、毎日更新されるブログを読むような感覚で読み進められるわけで、おそらくいくつものマンガを並行して無料で読み進めている人は少なくないと思います。

 1日1話ならタダで読めるんだから、ありがたいですよね。まあ、つい続きが気になってお金を払っちゃったりもするんですけれどね……。

 今回はその「ピッコマ」でマンガを読みまくっているぼくが選んだ、「女性向け」ジャンル(つまり実質的に少女マンガ)のベスト5を紹介させていただきたいと思います。

 どれも夢中になって読んだ作品なので、ぜひ読んでみて「沼」にハマっていただきたいと思います。

 惜しむらくはいずれも完結してないこと。特に1位の作品は2023年8月現在でクライマックスを迎えているので、早く結末まで見てしまいたくてたまらない。まあ、待ちますけれどね。

 システム的な意味で「一気に読み上げてしまいたい!」という方には向かないアプリであるかもしれませんが、一日一日、少しずつ読み進めていくのもなかなか乙なもの。

 ぜひ、ここで挙げた作品を読んでみてください。面白いですよ。

◆第5位『継母だけど娘が可愛すぎる』

 白い肌に黒い髪の幼い美少女の「意地悪な継母(ままはは)」に転生した女性が、その少女を溺愛するという『シンデレラ』を換骨奪胎したコメディ。

 とにかく娘が可愛い! また、継母の主人公が彼女を溺愛する様子が楽しい作品でもあります。途中から恋愛ものの要素が加わるので、その点もまた面白い。絵もかなりきれいに描き込まれているので、その点でもオススメできます。

◆第4位『あなたの子じゃないの』

 あるとき、些細なきっかけから親友の男との間に子供を妊娠してしまった、美貌だが屈強な女将軍がその子供を産み育てようとするお話。

 とにかく、男に頼ろうとか微塵も思っていない強く美しい主人公が良い。かなり苦しい境遇で育って女戦士として成長してきているいるにもかかわらず、自分の女性性に対してまったく疑いを持っていないんですね。

 ちょっとときどき崩した絵柄が混じるのはどうかと思いますが、強い女性が好きな人にはオススメできる一作です。

◆第3位『悪役なのに愛されすぎています』

 ある物語の「悪役」に転生した少女が、なぜかまわりから愛されまくることになるというストーリー。主人公の健気さが胸を打ちます。

 問題はまだ話数がそろっていないことで、おそらく物語はまだまだ序盤の段階なのではないかと思います。これはもっと更新してほしいなあ。は、早く続きを読ませろ!

 設定的に新味はあまりありませんが、あたたかな人間関係の物語を読みたい人なら楽しめるはずです。

◆第2位『ある日、お姫様になってしまった件について』

 単行本化もされている人気作です。残酷な父王の娘に生まれ変わってしまった主人公が、どうにかかれに気に入られようと奮闘する話ですね。

 この作品において特筆するべきはとにかく絵の美しさでしょう。いやもう、表紙を見ただけでわかるかとは思いますが、ほんとうに綺麗なので、絵を楽しむためだけにでも買い求める価値があるかと思います。

 もちろん、ストーリーも面白い! ぼくのなかで2位と1位はちょっと別格の感じですね。

◆第1位『ジャンル変えさせて頂きます!』

 これ、これ、これ! これを紹介したかった。

 ある物語の主人公である少年の伯母に転生した主人公が(ややこしいいい方で申し訳ない)、かれを守ろうと奮闘する展開が描かれています。

 どうも残念なことにぼくの表現力ではどこがどう面白いのかうまく説明できないのですが、いや、何か知らないけれどめちゃくちゃ面白いんですよ。主人公のキャラクターが明るくてさばさばしていて良いのですよね。いや、この人、好きだわ。

 一迅社から単行本が出るようです。

◆「ピッコマ」で充実したマンガライフを。

 あるいは韓国のマンガというと、何か異質なものを想像してしまうかもしれませんが、内容的、感覚的にはあまり日本のマンガと変わりありません。文化的に近いアジアの国であることを実感しますね。

 もちろん、それでいてちょっと異質なところもあって、それがある種のフレーバーとなってまた面白い。「ピッコマ」で楽しく充実したマンガライフを送られることを祈っております。

◆【お願い】

 この記事をお読みいただきありがとうございます。
 少しでも面白かったと思われましたら、このエントリーをはてなブックマークに追加

をしていただければ幸いです。ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思っています。

 また、現在、記事を書くことができる媒体を求めています。

 この記事や他の記事を読んでぼくに何か書かせたいと思われた方はお仕事の依頼をお願いします。いまならまだ時間があるのでお引き受けできます。

 プロフィールに記載のメールアドレスか、または↑のお問い合わせフォーム、あるいはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡ください。

 簡易なポートフォリオも作ってみました。こちらも参考になさっていただければ。

◆【電子書籍の情報】

 この記事とは何の関係もありませんが、いま、宮崎駿監督の新作映画について解説した記事をまとめた電子書籍が発売中です。Kindle Unlimitedだと無料で読めるのでもし良ければご一読いただければ。

 他の電子書籍も販売ちうです。いずれもKindle Unlimitedなら無料で読めます。

 『ファンタジーは女性をどう描いてきたか』はファンタジー小説や漫画において女性たちがどのように描写されてきたのかを巡る論考をはじめ、多数の記事を収録した一冊。

 『「萌え」はほんとうに性差別なのか? アニメ/マンガ/ノベルのなかのセンス・オブ・ジェンダー』は一部フェミニストによる「萌え文化」批判に対抗し、それを擁護する可能性を模索した本。

 『Simple is the worst』はあまりにも単純すぎる言論が左右いずれからも飛び出す現状にうんざりしている人に贈る、複雑なものごとを現実的に捉えることのススメ。

 『小説家になろうの風景』はあなどられがちな超巨大サイト「小説家になろう」の「野蛮な」魅力に肉迫した内容。レビューの評価はとても高いです。

 Kindle Unlimitedに未加入の方は良ければご加入ください。これだけではなく、ぼくの電子書籍は「すべて」Kindle Unlimitedに加入すれば無料で読むことができます。初回は30日間無料です。

 ちなみに、Kindle Unlimitedに登録された本はここ(

https://yoshihisamurakami.github.io/kindleunlimited-search/)から検索することができます。めちゃくちゃ便利。

タイトルとURLをコピーしました