ゲーム人生でいちばん恐怖した瞬間をさらそう。

 ドラクエで一番ムカついたセリフを晒すスレ

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ :2007/01/18(木) 19:09:28

id:ETHZvH9iO とりあえずはい、いいえどちらで答えても同じ答えが返ってくるセリフ全般。

 特に「何も言うな」的な答えが返ってくるとじゃあ聞くなよ、と思ってしまう。

 この部分を読んでいて、ある作品のことを思い出した。

 その昔、スーパーファミコンでプレイした『ソウル&ソード』というRPGだ。

ソウル&ソード

ソウル&ソード

  • バンプレスト

Amazon

 ゲームバランスこそいまひとつなものの、フリーシナリオを利用したなかなかおもしろい作品だった。しかし、この記事で取り上げるのはその内容のことではない。

 このゲームをプレイしているとき、ぼくはRPG人生最大の恐怖を体験したのだ。グロテスクな怪物か? 違う。ホラー映画のような展開か? 違う。もっと単純でもっと恐ろしいことだ。

 このゲームも、『ドラクエ』や『FF』などと同じく、いろいろな町を渡り歩いてさまざまな情報を集めながら話をすすめていくシステムになっている。

 主人公はある島を経巡っていろいろなシナリオをクリアし、一人前の冒険者へと成長していく。さて、そうした旅のさなか、ある町に立ち寄ったとき、何気なく戸を叩いた家でその恐怖は待っていた。

 その家の住人は何やら怪しげな宗教の信者だった。かれはたまたま立ち寄っただけの主人公にも入信を薦めてくる。

 画面には『ドラクエ』型の選択肢が登場した。「もっとこの宗教の話を聞きたいか?」みたいな内容だったと思う。さっさと選べ、と画面は催促してくる。

「はい」「いいえ」

 当然、ぼくは「いいえ」を選んだ。しかし、それでも話は最初に戻るだけ。もっとこの宗教の話を聞きたいか?

「はい」「いいえ」

 それどころか、何度「いいえ」を選んでも同じやり取りが続く。もっとこの宗教の話を聞きたいか?

「はい」「いいえ」

 あなたならどうする? 普通、どこかの時点で「はい」を選んでしまわないだろうか?

 『ドラクエ』型のRPGでは、時々、この手のループするやり取りがある。製作者の想定した回答を選ばないと先へ進めないのだ。このときもそのパターンだと思って、何も考えず「はい」を選択した。

 罠だった。

 一旦「はい」を選んだら最後、その後どういう選択肢を選んでもその宗教に引きずり込まれてしまうのである!

 もちろん、そこでゲームオーバー。島中を冒険して回るはずだった主人公は、あわれ、その町で人生を終わることになったのだった……。こわっ。何だ、この変にリアルな展開。

 正解はどんなに同じ質問がくり返されても「いいえ」を選びつづけること。何十回か「いいえ」を押すとようやくあいてはあきらめてくれる。かってに無限ループだと思い込むプレイヤーの心理を利用したトラップだ。巧妙というか、意地悪な罠だなあ。

 その後、あるとき、リアルである宗教団体(だと思う)の建物に連れ込まれてしまった。

 いま思えばどう考えても怪しいのだが*1、大学のサークルのふりをして勧誘していたのだ。うっかりひっかかって付いていってしまった。まぬけな話。

 ある一室で「愛の教え」についてのビデオを見せられ、延々と説得された。愛の素晴らしさがわからないなんて、きみは可哀想な奴だな。どう? 合宿に参加しないか? そこではもっと楽しいことがあるよ。参加する?

「はい」「いいえ」

 当然、しつこく「いいえ」を選択しつづけた。『ソウル&ソード』のあの場面のことが脳裏に浮かんだ。一度、「はい」を選んでしまったら、もうどうしようもなくなるかもしれない……。

 結局、何とかその勧誘は振り切って、そのあとは何事もなくいまに至っている。さて、もしあのとき、根負けして「はい」を選んでいたら、どうなっていたことか。やっていて良かったテレビゲーム。

 そのとき、いれかわりにひとりの女の子が連れられてきたのだが、彼女はどうなったのだろう。最後まで正しい選択肢を選び続け、無事にその場を脱出できただろうか?

「はい」「いいえ」

【お願い】

 この記事をお読みいただきありがとうございます。
 少しでも面白かったと思われましたら、このエントリーをはてなブックマークに追加

をしていただければ幸いです。ひとりでも多くの方に読んでいただきたいと思っています。

 また、現在、記事を書くことができる媒体を求めています。

 この記事や他の記事を読んでぼくに何か書かせたいと思われた方はお仕事の依頼をお願いします。いまならまだ時間があるのでお引き受けできます。

 プロフィールに記載のメールアドレスか、または↑のお問い合わせフォーム、あるいはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡ください。

 簡易なポートフォリオも作ってみました。こちらも参考になさっていただければ。

【電子書籍などの情報】

 この記事とは何の関係もありませんが、いま、宮崎駿監督の新作映画について解説した記事をまとめた電子書籍が発売中です。Kindle Unlimitedだと無料で読めるのでもし良ければご一読いただければ。

 他の電子書籍も販売ちうです。いずれもKindle Unlimitedなら無料で読めます。

 『ファンタジーは女性をどう描いてきたか』はファンタジー小説や漫画において女性たちがどのように描写されてきたのかを巡る論考をはじめ、多数の記事を収録した一冊。

 『「萌え」はほんとうに性差別なのか? アニメ/マンガ/ノベルのなかのセンス・オブ・ジェンダー』は一部フェミニストによる「萌え文化」批判に対抗し、それを擁護する可能性を模索した本。

 『Simple is the worst』はあまりにも単純すぎる言論が左右いずれからも飛び出す現状にうんざりしている人に贈る、複雑なものごとを現実的に捉えることのススメ。

 『小説家になろうの風景』はあなどられがちな超巨大サイト「小説家になろう」の「野蛮な」魅力に肉迫した内容。レビューの評価はとても高いです。

*1:大学の構内では勧誘できないので、外で話しかけていた。皆もこういうひとには注意しよう!

タイトルとURLをコピーしました